カスタム化TableViewCellの色付けと枠線等描画方法のメモです。

1.ウィザードでUITableViewCellを継承した、MyTableViewCell.swift を作成する

2.Storybord{Table Viwe}{Table View Cell}を貼り付けて、
{Table View Cell}のクラスをMyTableViewCellにする

3.{Table View Cell}Identifier(インスペクタvnewの右から三つ目)に{MyTableViewCell}を設定する

4.MyTableViewCell.swiftでcell枠の描画と選択有無のBackGroundカラーを設定する

    override func setSelected(selected: Bool, animated: Bool) {
        super.setSelected(selected, animated: animated)

        // Configure the view for the selected state
        if(self.selected)
        {
            print("■ self.selected")
            self.backgroundColor = UIColor.yellowColor()
        }
        else{
            print("□ Not self.selected")
            self.backgroundColor = UIColor.clearColor()
        }

    }
    
    override func drawRect(rect: CGRect) {
        // CGContextを用意する
        let ctx: CGContextRef = UIGraphicsGetCurrentContext()!;
        
        // 線の色を決める
        CGContextSetRGBStrokeColor(ctx, 0.1, 0.1, 0.9, 1.0);
        
        let x = rect.origin.x + 4
        let y = rect.origin.y + 4
        let x_r = rect.origin.x + rect.width - 4
        let y_b = rect.origin.y + rect.height - 4
        
        // 縦線 上線
        CGContextMoveToPoint( ctx, x, y); // 始点を指定
        CGContextAddLineToPoint( ctx, x_r,y);  // 始点から直線が到達する点を指定する
        CGContextStrokePath(ctx); // 始点から最後の点までの線を引く
        
        // 縦線 左線
        CGContextMoveToPoint(ctx, x, y); // 始点を指定
        CGContextAddLineToPoint(ctx, x, y_b);  // 始点から直線が到達する点を指定する
        CGContextStrokePath(ctx); // 始点から最後の点までの線を引く
        
        // 縦線 右線
        CGContextMoveToPoint(ctx, x_r, y); // 始点を指定
        CGContextAddLineToPoint(ctx, x_r, y_b);  // 始点から直線が到達する点を指定する
        CGContextStrokePath(ctx); // 始点から最後の点までの線を引く
        
        // 縦線 下線
        CGContextMoveToPoint( ctx, x, y_b); // 始点を指定
        CGContextAddLineToPoint( ctx, x_r,y_b);  // 始点から直線が到達する点を指定する
        CGContextStrokePath(ctx); // 始点から最後の点までの線を引く
    }

customCell1

 

 

 

 

 

と、なります