UnityからSwiftの行け向き分は、🚃が片道でした。

Swiftの隅道が、いろいろと処理分が行えた後、Unityへの始発の🚆が行き始めでした

Unityからの通知処理の概略図です。。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここの、Unity向けの通知関数は、UnitySendMessage()に使います

let entryStage = “InitStage”;
//Unity–>予想抽選の実行
UnitySendMessage(entryStage, “OnPickerSelToUnity“, pickerNum.description)

で、UnitySendMessage()の第3引数は、「String値」でUnityに向けてUnity内関数で使います。

数値はコンバートでStringに変更後しますので、ちょっと、メントーです。

// SwiftのPicekerで、PicekerのSel値からUnityの受信処理へ
public void OnPickerSelToUnity(string fromstr)
で、 UnitySendMessage()の第3引数 は OnPickerSelToUnity(string fromst)  に受かりに行きますのです。

 

ではでは。。