UnityにiOS環境に作成した場合に、現在は、iOS10.3,xcode8.3以降に統合開発環境になりました。

以前、xcodeを使う環境に流れてる場合、プログラミング言語で作成に行くにつれて、Object-C → Swift1.0 → Swift2.x → Swift3.x の際に使っていきました。

Unity環境iOS向け「iOSUnityApp」は、Swift3.xで続けたので、新「る.ん.だー3dー」のデータベースに使う準備でした。

Object-C のSQLite製ラッパーの「FMDB」には無理風だったので、Swift3.xに使うには、

・SQLite製ラッパーの「SwiftData」

・モバイルアプリ向けのデータベースの「Realm(RealmSwift)」

のどちらか、でした。

「iOSUnityApp」環境分の、データベースの1案には、「SwiftData」でした。Swift3.xでの「SwiftData」へにコンパイルをしようとした時は・・・ダメでした(; _;)

次の2案は、「RealmSwift」でした。RealmSwiftで「Dynamic Framework」または「CocoPods」のどちらかでインストールする場合、「iOSUnityApp」の環境には、

「Dynamic Framework」では、「.xcodeproj」

「CocoPods」では、「.xcworkspace」

の、いずれかのどちらかになるのです。

Unityエディター時で、Unity内の「Build  & Run」をした時は、UnityでUnity内構築分のコンパイルは無事終了後になります。Xcpdeの環境分の「iOSUnityApp」ができた後は、Xcodeで「.xcodeproj」の実行は、コンパイル&ビルドは処理ができ、お仕事にも続くとなりました。

Unityエディター時で、Unity内の「Build  & Run」をした時に、「.xcworkspace」にある時では、「.xcodeproj」のだけでは、コンパイルはNGだけでした。この為、UnityでのUnity内の「Build」の実行となります。Unity内の構築分のコンパイルが終わる場合は、「Build」が終了でした。

「.xcodeproj」では、Unity内の「Build  & Run」で実行した時  Xcodeでのお仕事は、一気通貫で、実機やシミュレータまで見えてくれました。が、「.xcworkspace」で「CocoPods」の場合は、Unityエディター時で、Unity内の「Build」の実行だけで、Unity環境内の構築分は終了しました。

Unity内の「Build」完了後は、Finderの「iOSUnityApp」内が見つけた「.xcworkspace」で選択した後は、Xcodeのコンパイル&ビルドからのお仕事ができるようになりました。

が、しか〜しです。

Unity内で構築した「iOSUnityApp」では、「RealmSwift」を頑張っていたのですが、力に尽がなく、NGがなくなってしまうのでした。

と、

で、「RealmSwift」を使ってので、今回の新「る.ん.だー3dー」に、「CocoPods」での「.xcworkspace」で向けて「RealmSwift」をけっこうに易しく、頑張るかと考えてました。。。

Swift3.xには、「RealmSwift」向けには、まだ、何らかに、そこそこは色々が居るようでした。。
2〜3日分は、ふにゃふにゃしてました。。。
( ; _ ; )/~~~

そこで、SQLiteラッパーみたいな、「GRDB」でSwift3.xにできた模様が出てきたみたい。先ごろの懐かしい「FMDB」や「SwiftData」のみたいなSQLiteみたいなコードや推し周りができそーで、何とかできそうで、行けそうで思いました。d(^_^o)

で、「GRDB」に。。。行って見ようかなぁと。。

ではでは。。