「GRDB」への道 ・・・ その1

色々データベースのツールの構築の余興で採択結果しました。

今回 の新「る.ん.だ_3D_」で、「GRDB」の構築への道が始まりました。

「GRDB」へのGoogle先生様により

GRDBでSqlLiteを扱う(Swift3.0)

 

を、読書みました。ありがたいことです。(^_^)

で、UnityでiOS構築は、CocoaPodsでの用意から始めました。

SQLite (GRDB.swift)の設定

1.CococaPods  Update して、最新版で実行する

  $ >  sudo gem update cocoapods

2.GRDB.swiftのインストール

 Unity iOS アプリFoldaに移動

 $ >  cd /・・・・/MyTmpApp/iOSUnityApp

※ ターミナル で $ >  cd タイプして Folderの iOSUnityApp からD&Dするとフルパスで付けてと楽チンです。

iOSUnityAppフォルダ内から Unity-iPhone.xcodeprojが表示分で見えています。まだ、Unity-iPhone.xcworkspace は表示していません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.デフォルトの設定ファイルの作成

 $>  pod init

設定Fileの存在確認を表示していると

 $>  ls

  Classes                        MapFileParser

  Data                            MapFileParser.sh

  Info.plist                      Podfile

  LaunchScreen-iPad.png                  Unity-iPhone

  LaunchScreen-iPad.xib                   Unity-iPhone Tests

  LaunchScreen-iPhone.xib                Unity-iPhone.xcodeproj

  LaunchScreen-iPhoneLandscape.png UnityData.xcassets

  LaunchScreen-iPhonePortrait.png     build

     Libraries

 

4.PodfileのGRDBのインストール設定編集

  lsで Podfile が表示して確認で見たら

$> vi Podfile

Podfileが編集する必要があります。 viで方々の方法が。。。最小限3つの方法なので、それでなんとかね。。

まずは、Podfileの状態は「非編集」になっています。

1. Podfileの状態の「非編集」時、半角A字で i とタイプする Podfileの「編集」時になる

  Podfileの最低位置で、 –INSERT–   が表示されて、Podfileの「編集」時になります。

以下のフニャフニャで、全て、半角A字でタイプしてください。

キャロット時は「I」の位置が待ちています。でキーボードも上下左右キーで「ゆっくり」と編集位置を動かします。で、後は、すぐできます。

「#」文字は、コメントでなっているいます。 コメント文字の有無で表示してください。

※マウスで使用する選択状態で、コピー:cmd + c  、, ペースト:cmd + v  でも楽もできる..はず。。

2. Podfileの状態の「編集」中時は、ESCキー を押下すると、 Podfileの状態の「非編集」 になる

3. Podfile の 保存終了で、vi の終了。

Podfileの状態の「非編集」時半角A字状態を確認して、

:wq

で、Podfile の 保存終了で、vi の終了でした。

4.Podfileの表示内容

# Uncomment the next line to define a global platform for your project

platform :ios, ‘9.0’  #<— コメントOutマークを消す

target ‘Unity-iPhone’ do

  # Comment the next line if you’re not using Swift and don’t want to use dynamic frameworks

  use_frameworks!

  pod ‘GRDB.swift’    #<—- 追加

  # Pods for Unity-iPhone

  target ‘Unity-iPhone Tests’ do

    inherit! :search_paths

    # Pods for testing

  end

end

5.GRDBのインストールの実行

$ pod install

実行結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6. GRDB swift  は iOS8.0以上なので、Unityの「PlayerSetting」iOS8.0以上にする

Apple Mach-O Linker Error.

こんなErrorであれば。。UnityのPlayerSetting」で設定です。

 

 

 

 

7.Unityエディターで「Build」後とxcode内部で「Unity-iPhone.xcworkspace」で実行

Unityで「Build & RUN」時、Pods分は、Unity-iPhone.xcodeprojでエラーでNGになるので、再度、Build」しときましょう。

で、Unity内部の構築分がOKであれば、xcode内部でUnity-iPhone.xcworkspace を起動しましょう。

======= =====

xcodeのUnity-iPhone.xcworkspace でPodsUnity-iPhone分がXcodeでビルドができたので、素のGRDB分も状態で作成ができました(OKかな?)。。。(゜_゜)

で、Xcode内分からGRDBのお仕事が始まって行くのです。。。かなぁ。。

云々では、、